【商品開発レポート vol.1】はじめてのOEM

【商品開発レポート vol.1】はじめてのOEM

開発者プロフィール

Q.プロフィールを教えてください。

美容メディアの編集担当を務めております。まりと申します。
背中のニキビや肌荒れでお悩みの読者向けに、「セルフで背中のニキビケアができる商品」を作ることになりました。


Q.OEMプロを利用したきっかけを教えてください。

ネットでみつけたメーカーに何社か相談していましたが、その時は、条件や予算に合う会社がなかなか見つからず困っていました。
そんな時に、たまたまOEMプロのサイトを見つけました。発注先の選定を無料でやってもらえるとのことでしたので、「ものは試しに」相談してみました。

Q.お願いしてみてどうでしたか?

具体的な商品イメージは、その時点で固まっていませんでしたが、OEMプロの担当スタッフの方に、商品の特徴や条件を伝えたところ、すぐにメーカーを数社紹介してもらえました。

ちなみに私の条件は、
【1】抗炎症効果があり、ニキビケアができる商品
【2】国内工場で製造
【3】容器や化粧箱のデザインもお任せできる
【4】小ロットでも製造可能
【5】ネット販売のノウハウがある、もしくは相談にのってくれるメーカー
・・・でした。いっぱいありますよね(笑) 

でも実は、すべてを叶えてくれるメーカーがいたので、今回はそこにお願いすることになりました。


製造までの流れ


Q.商談から製造までの流れについて教えて下さい。

商品イメージを固める打合せ

まずは、「どういうユーザーをターゲットしているか」、「そのユーザーは今どんな悩みを抱えているのか」、「そのユーザーにどのような効果のある商品を提供したいのか」など、具体的な商品イメージを固める打合せを行いました。


処方や容器の決定

後日、商品イメージに合致する処方や容器をいくつか提案頂いたので、その中から一番マッチするものを選びました。その後、商品サンプルを頂き、成分や使用感や形状に問題がないかチェックしました。

ロットと納期の決定

事前に予算はお伝えしていたため、使用する原料や資材(容器や化粧箱)をベースに見積もりを出してもらいました。
見積もり後、納期を確定させます。

商品ボトル・化粧箱デザインの決定

処方や容器が決まったら、次は商品ボトルや化粧箱のデザインを打合せです。正直デザインについては、かなりいいご提案を頂いたので、特に変更もなく、そのまま採用した感じでした。

商品ラベルや化粧箱に記載される表示内容のチェック

ラベルに記載される成分表、効果・効能、使用方法、注意書き、連絡先情報などを、入念にチェックします。
表記ルールなど、初心者の私にも分かるよう、メーカーの方が、かみ砕きながら説明してくれたので、安心でした。

商品の決定

表記に問題がないことを確認したら、製造予定日を決定します。

実際の製造現場の様子


製造

製造の様子

梱包

梱包中の様子

箱詰め


箱詰め・納品の様子

スピード納品に驚き

Q.どれくらいで納品されましたか?

今回は医薬部外品でしたが、メーカーが保有する既存処方をベースに製造したので、最初の打ち合わせから、わずか半年で納品されました。正直1年くらいはかかるのかなと思っていたので驚きです。


Q.商品を手にしてみて、どうでしたか?


初めて商品を手にしたときに、「本当にできたんだ!」と一気に実感がわきました。やはり自分が企画した商品だったので、喜びもひとしおでした。。


知り合ったメーカーとは長いお付き合いになりそうです。


Q.アフターフォローはどうでしたか?

自社HPやアマゾンでの販売を予定していましたが、メーカー側にネット販売の知見があったので、WEBページの見せ方などについても、フォローを頂きました。

Q.最後に、はじめてのOEMはどうでしたか?

正直、最初は私にできるかな・・・と不安でしたが、紹介してもらったメーカーの方には最初から最後まで丁寧に対応頂きました。
信頼できるメーカーと出会えたことが何よりも嬉しいです。今後も長い付き合いをお願いしたいと思います♪