化粧品OEMの最小ロットと、かかる費用はどれくらい?

化粧品OEMの最小ロットと、かかる費用はどれくらい?

最小ロットってなに?

最小ロットとは、そのメーカーが製造できる最小の単位のことです。最小ロットはメーカーごとによって設定されています。


化粧品OEMの最小ロットって、どれくらい?

最小ロットは1,000個以上に設定されている場合がほとんどです。製造する釜の大きさや、仕入れ容器のロットの兼ね合いもあり、「3,000個からでないと製造できない」というメーカーもたくさんいます。
製品ジャンルによっては、数百個などの小ロットから対応可能な場合もあります。


化粧品OEMの費用はいくら必要?

どんなにロットが小さくても、20万円以上の予算は見ておきましょう。

製品によってマチマチですが、たとえばスキンケア製品で1,000個製造する場合、目安として、だいたい70万円~100万円くらいは見ておきましょう。ロット別の費用例の詳細は下記をご参照ください。
>>化粧品OEMでかかる費用例

ロットを増やすと1個あたりの原価は安くなる

ロットを増やすと、ボリュームディスカウントが効き、1個あたりの原価は安くなります。例えば、1,000個80万円で作った製品を、3,000個作った場合は、200万円前後で抑えられたりします。ロットが小さくなると、1個あたりの原価も高くなるため、販売価格にも影響します。初回は、試験的に小ロットから初めて、2回目以降は大ロットで生産するという企業も多いです。


容器にも最小ロットがある

容器に印刷を施す場合、容器の最小ロットは1,000本~、 希望の色に着色する場合は、最小ロットは3,000本~となる場合が多いです。 例えば製造ロットが1,000本でも、着色加工する場合は、容器を3,000本仕入れる必要があります。余った容器は、預かり料を払って、メーカー側に一定期間保管してもらえる場合もありますが、「発売元で保管をお願いします」と言われる場合も。残資材の扱いについては、各メーカーに確認してみましょう。


OEMプロなら、希望のロットに応じたメーカーをご紹介します。

OEMプロでは、お客様の作りたい製品、ご予算、ロットなど、条件に応じて、メーカーをご紹介します。
利用料は無料です。お気軽にお問い合わせください。