小ロット対応の化粧品OEMメーカー特集

小ロット対応の化粧品OEMメーカー特集

はじめての化粧品OEMは小ロットが多い

最近は、異業種(非製造業)から、化粧品開発にチャレンジされる方が増えています。ECサイトを運営しているネット企業、原料を持っている農家、個人のエステサロン、商社とバックグラウンドは様々です。

異業種から初めて化粧品開発を始められる方の多くは、小ロットを希望されます。

従来、多くの化粧品メーカーでは、最小ロット3,000~が当たり前でしたが、最近は、小ロット需要の拡大を受け、500個などの小ロットからでも対応するメーカーが増えてきました。

化粧品OEMを小ロットでお願いする場合のメリット

  • ・比較的、小資本から作れる
  • ・在庫をたくさん持たなくてすむ

小ロットの場合、作る数量が少ない分、総額が抑えられます。そのため、テストマーケティングとして何種類か作り、売れ行き次第で大ロット発注に切り替えるという企業も多いです。

また大ロットと比べて、在庫のスペースも必要ないため、個人事業主や個人サロンでも扱いやすくなります。

化粧品OEMを小ロットでお願いする場合のデメリット

  • ・メーカーの選択肢が少なくなる
  • ・1商品あたりの原価が高くなる
  • ・使える容器に制限がでる
  • ・医薬部外品は小ロットで製造できない場合が多い

メーカーの選択肢が少なくなる

小ロットの場合、下記のように、対応メーカーの数が限られてきます。ある程度の選択肢から探されたい場合はロット500~がおすすめです。

  • ・ロット3,000個~:ほとんどのOEMメーカーが対応可
  • ・ロット1,000個~:一部のOEMメーカーが対応可
  • ・ロット500個~:製品や条件によっては対応可
  • ・ロット100個~:条件付きでごく一部対応可

1商品あたりの原価が高くなる

条件にもよりますが、例えば100個などの極小ロットで作る場合、原価が1個2,000円や3,000円となる場合もあり、市販品と価格の面で大きな開きが出てしまいます。

化粧品を製造する場合、資材などの変動費の他、打ち合わせ・工場の稼働・運営・事務手続きなどの固定費も発生します。

小ロットでも、それらの固定費は商品原価に反映されるため、どうしても1商品あたりの原価は高くなる傾向にあります。

使える容器に制限がでる

容器の仕入れロットは基本的に1000以上のため、ロット1000以下の場合は、メーカーが保有の容器を使用するか、依頼者側でメーカーに容器を支給する必要があります。

医薬部外品は小ロットで製造できない場合が多い

医薬部外品を新規処方として開発する場合、部外品としての申請や、申請のための試験費用が必要となるため、化粧品と比べてコスト高となります。
そのため、ロット3,000~でないと受けないというメーカーが多いです。

おすすめの小ロット対応のOEMメーカー

デメリットもいくつかご紹介しましたが、それでも、安くかつ少ない在庫でスタートできるのは魅了です!

全国に数え切れないほどの化粧品のOEMのメーカーが存在しますが、メーカーによって生産設備が大きく異なり「得意な製品」「得意なロット」がまちまちです。

HPに記載されていないことも多いので、目的にあったメーカーを探すのは一苦労です。そこで、本記事では、小ロット対応しているOEMメーカーを、得意な品目別にピックアップしてご紹介します。

【スキンケア製品でおすすめ】小ロット対応のOEMメーカー

石田香粧株式会社(東京・埼玉)

1915年創業の老舗メーカーです。化粧水、美容液、クリームなど各種スキンケア製品を得意としており、スキンケア製品は、多くの場合ロット500~対応。ヘアケア製品の他、医薬部外品など幅広いジャンルに対応しています。 サンプル制作費無料。GMP (Good Manufacturing Practice)に遵守して製造管理しています。

東京本社:〒110-0004 東京都台東区下谷3-12-1
埼玉戸田工場:〒335-0015 埼玉県戸田市川岸2-1
埼玉蕨工場:〒335-0001 埼玉県蕨市北町5-11-3-1F

株式会社響(東京・栃木)

化粧水、乳液、美容液、クリーム、オールインワンジェル、オイルなど、基礎化粧品は、多くの場合ロット500~相談可能です。スペーディーかつ丁寧な提案が魅了で、新規参入会社からのご相談実績も多数。サンプル制作費無料も無料です。

東京営業所:〒162-0814東京都新宿区新小川町5-1ニューリバー51ビル3階
栃木工場:〒329-3224栃木県那須郡那須町大字豊原乙字川東2908番地

【ヘアケア・ボディソープでおすすめ】小ロット対応のOEMメーカー

株式会社ラドックワークス(東京・埼玉)

シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントなど、ヘアケア製品は、ロット500~相談可能。その他、ボディソープ、固形石鹸、ハンドクリーム、芳香剤、消臭剤、洗剤にも対応しています。

所在地:〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-21-4 ABOVOビル B1F
埼玉第一工場(洗剤・化学製品製造部門):〒342-0026 埼玉県吉川市土場305
埼玉第一工場(化粧品・医薬部外品製造部門):〒342-0051 埼玉県吉川市川野153-1

【固形石鹸でおすすめ】小ロット対応のOEMメーカー

グローバルボタニクス(沖縄)

沖縄の自然を生かした石鹸を得意としています。コールドプロセスという昔ながらの非加熱製法で製造。石鹸は、ロット300個~相談可能。石鹸の他、化粧水、バスソルト、バーム、クレイパックも得意としています。

〒900-0003 沖縄県那覇市安謝2丁目2−1

【シートパック(フェイマスク)でおすすめ】小ロット対応のOEMメーカー

株式会社エムジェイ(大阪)

シートパックはロット3,000が一般的ですが、エムジェイでは不織布のシートパックが、ロット1,000~製造可能。水素ジェルパック(特許品)やバイオセルロースなどの素材にも対応しています。石鹸、クレンジング、洗顔、乳液、美容液、クリームなどは、小ロットから相談可能です。

本社:大阪市生野区巽南5−7−44
第1工場:大阪市生野区巽南5−7−44
配送センター:大阪市生野区巽南5−9-1/td>

小ロットのOEMメーカーを効率よく探す方法

OEMプロは、自分にあったメーカーが見つかるマッチングサービスです。

品目別に小ロット対応のメーカーを複数ご紹介することが可能なので、「はじめてでどこに頼めばいいかわからない」、「候補メーカーを複数比較して検討したい方」におすすめです。

利用料は完全無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。