オリジナル原料開発が得意な化粧品OEMメーカー5選!独自成分でオンリーワンコスメを実現

オリジナル原料開発が得意な化粧品OEMメーカー5選!独自成分でオンリーワンコスメを実現

メーカーをまとめて比較

専門スタッフが発注先を無料でお探しします

利用料0円

オリジナルの化粧品原料とはどんなもの?

オリジナルコスメを開発する場合、OEMメーカーが所有(もしくは調達可能なもの)する原料を使用して、独自の処方で開発するのが一般的です。しかし、地域活性化の一助として地元で採れた農作物、植物などを使用し、ユニークなコスメを開発したいという場合も。

そんな時は“原料持ち込み”でオリジナルコスメを製造してくれるOEMメーカーもあります。原料持ち込みの場合、以下のパターンが考えられます。

  • ●原料となる農作物や植物を提供し、エキス化から依頼する
  • ●すでにエキス化されたものを持ち込む

特産品などからエキスを抽出することも可能

化粧品原料としてすでに登録があり、その地域の特産として「〇〇産ユズエキス配合」ということであれば、安全性も確認されているため、スムーズに使用可能です。

しかし、化粧品原料として登録がない場合、安全性のデータを確認・取得し、化粧品成分登録、特許作成という流れになります。化粧品OEMメーカーによっては、新しい原料の開発から登録などをトータルにサポートしてくれる場合も。ただし、時間や費用がかかるということは覚悟しておきましょう。

≫化粧品OEMとは?かかる費用や、OEMメーカーの選び方を徹底解説

独自性やサステナブルをアピールできるオリジナル原料の事例

最近では特産品以外にもサステナブルな視点から、廃棄物を活用したオリジナル原料を開発し、化粧品を開発したことで注目を集めるブランドや企業も登場しています。

本来ならゴミとなってしまったものでも、新しい価値を創造し、地球環境にもやさしい化粧品となって生まれ変わる。ストーリー性やメッセージ性を持たせたオリジナルコスメとして特徴づけることができますね。

青森の郷土料理に発想を得て抽出に成功!プロテオグリカン(あおもりPG)

サケの鼻軟骨から抽出されるプロテオグリカンは、注目のアンチエージング成分として今やおなじみの存在になっています。

しかし、抽出が難しく製造コストがかかるために大変高価なものでした。また、有害な薬品を使用することも問題に。農林漁業資源から新たな有効成分を探す研究を進めてきた青森県産業技術センターと弘前大学などの産学官金が連携し、プロテオグリカンの安全で低コストの抽出技術を研究。

氷頭なます
氷頭なます

酢で漬けることでサケ軟骨をやわらかくして食べる青森郷土料理「氷頭(ひず)なます」の調理法に注目し、ついに食用の酢酸とアルコールを使った抽出法を開発しました。

このことで化粧品原料としてプロテオグリカンを使用したコスメが、次々と開発できるようになったというわけです。通常なら廃棄されるサケの鼻軟骨を使用するという点でもサステナブル原料の先駆けともいえます。

岩手県産ヒエヌカをオリジナルのサステナブル原料として開発

ファーメンステーションが開発したヒエヌカエキス
プレスリリースより

株式会社ファーメンステーションは岩手県奥州市に拠点を持ち、未利用資源からの原料開発を手掛けているOEMメーカー。有機JAS米を原料とした国内唯一のエコサートおよびUSDAオーガニック認証エタノールや米もろみ粕の製造も行っています。

直近では有効活用されてこなかったヒエヌカからオイルやエキスを抽出。機能性の高いサステナブル原料として蘇らせることに成功しています。抽出した後の搾りかすは家畜のエサとして活用し、産地を拠点とした資源循環システムの構築も目指しているそうです。

また、中国銀行とタッグを組んだ岡山県赤磐産の規格外ぶどうから作る発酵アルコールを配合した「岡山・赤磐産ブドウティッシュ」も商品化されています。

【COSMOS認証】抗菌効果のある芳香蒸留水を開発

抗菌効果が期待できるレモングラスの蒸留水

株式会社コスメディアラボラトリーズは神奈川県横浜市に本社がある化粧品OEMメーカーです。自社工場でエコサート認定を受けており、特にオーガニックコスメ開発を得意とする会社。アロマ水蒸気蒸留装置を使った芳香蒸留水で、化粧品の防腐助剤や除菌製品に応用できる“抗菌 芳香蒸留水(レモングラス水)”を開発しています。

地域特産である植物や農作物、果物などの芳香蒸留水を抽出し、化粧品のベースとなる水と置き換えることで独自性のあるコスメに仕上げることも可能。防腐剤の使用を最小限に抑えることもできるところも魅力的です。

原料持ち込みOK!ストーリー性のあるオリジナルコスメOEMにおすすめのメーカー5選

原料持ち込みの場合、安全性がしっかりと確認されているものに限るという化粧品OEMメーカーもあります。その一方で、新しい原料開発に積極的に取り組み、安全性のデータ分析までOKというメーカーも。

今回はその中からおすすめのOEMメーカーを厳選して5社ご紹介しましょう。

石田香粧株式会社(東京・埼玉)

石田香粧株式会社(OEMデータベース)

石田香粧は、和漢植物やハーブから抽出した植物エキスの取り扱いを得意とする化粧品OEMメーカーです。持ち込み原料のエキス化や安定性の試験、相乗効果のある成分処方など、幅広い研究・開発に対応してくれます。

低刺激・植物系成分・オーガニック成分などを駆使したオリジナルコスメに強く、ハラール認証商品開発も可能なメーカーです。

≫石田香粧株式会社・代表取締役社長 橡川篤史(とちかわ あつし)氏にインタビュー

本社:〒110-0004 東京都台東区下谷3-12-1
戸田工場:〒335-0015 埼玉県戸田市川岸2-1
蕨工場:〒335-0001 埼玉県蕨市北町5-11-3-1F

コスメディアラボラトリーズ(神奈川)

株式会社コスメディアラボラトリーズ(OEMデータベース)

コスメディアラボラトリーズでは、地域特産の果実やハーブ、廃棄していた資源の活用に積極的に取り組む化粧品OEMメーカーです。化粧品や原料の安全性及び効果を多角的に評価する試験も実施。目的や予算に合わせた提案も可能です。

エコサート認証を自社工場で取得しているので、オーガニックコスメ開発も可能となっています。

本社・ロジスティックセンター:〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-20-5
与論工場:〒891-9302 鹿児島県大島郡与論町大字立長1466-3

アルデバラン株式会社(大阪)

アルデバラン株式会社(OEMデータベース)

1993年に創業したアルデバランは、地方が抱える課題を化粧品製造を通じて解決する“ソーシャルコスメティクス”創出に力を入れている化粧品OEMメーカーです。その土地ならではの素材をオリジナル原料として開発し、商品企画・処方開発・製造・セールスまでをワンストップでお任せできます。

一般社団法人ジャパン・コスメティックセンター(唐津市)との協力で、抽出された成分の分析などもお願い可能です。

本社:〒541-0058 大阪府大阪市中央区南久宝寺町4-5-6 ヴェルテックス本町ビル4F

株式会社響(東京・栃木)

株式会社響(OEMデータベース)

響は自社工場の強みを活かし、厳選された天然エキスや安全な化粧品原料を使用したオリジナルコスメ開発を得意とする化粧品OEMメーカーです。植物エキスの簡易抽出も行っているので、特産品や地元素材を使った独自原料の化粧品開発を多数手がけています。

小ロットや納期など柔軟な対応が可能。化粧品OEMは初めてという方でも安心してお任せできるメーカーです。

本社:〒162-0814 東京都新宿区新小川町5-1 ニューリバー51ビル3階
那須工場:〒329-3224 栃木県那須郡那須町大字 豊原乙字川東2908番地

株式会社ES-ROOTS(東京)

株式会社ES-ROOTS(OEMデータベース)

ES-ROOTSは、国産無農薬フルーツやハーブを使用した“フルーツルーツ”という自社オリジナルブランドコスメを展開している化粧品OEMメーカーです。国産原料の豊富なネットワークを活かしたオリジナルコスメを多数手がけており、条件付きで原料持ち込みでの開発も可能。

国産オーガニックにこだわったオリジナルコスメを検討している場合でも頼りになるメーカーです。

本社:〒153-0053 東京都目黒区五本木3-7-8
物流センター:〒196‐0012 東京都昭島市つつじが丘1丁目1-39 東京ロジファクトリー株式会社 フルーツルーツ物流センター

≫国産オーガニックコスメをエステに導入した先駆者・ES-ROOTSに取材!

原料持ち込み可能な化粧品OEMメーカーを効率よく探す方法

OEMプロにお任せください

OEMプロは、自分にあったメーカーが見つかるマッチングサービスです。

地域の特産品を原料とした特徴のあるオリジナルコスメ開発がしたい。サステナブルな原料を開発してメッセージ性のあるコスメにしたい。「原料持ち込みOKのOEMメーカーを探している」という場合に便利です。

利用料は完全無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

メーカーをまとめて比較

専門スタッフが発注先を無料でお探しします

利用料0円