化粧品OEMを企画したのに売れない理由は?オリジナルコスメを成功させるコツ

化粧品OEMを企画したのに売れない理由は?オリジナルコスメを成功させるコツ

自分で使いたいコスメをつくりたい。もっと収益率の高いコスメを扱いたい。地域活性化につながるコスメを開発したい、などなど。化粧品OEMメーカーをうまく活用すれば、低予算・低リスクで誰でも簡単にオリジナルコスメをつくれるものです。

しかし、せっかく作ったのに全然売れない。最初は売れたけどリピートしてもらえないなど、悩んでいる方も少なくありません。

今回は、化粧品OEMメーカーを活用して、売れるオリジナルコスメを生み出すコツをご紹介しましょう。

化粧品OEMでせっかく企画・開発したオリジナルコスメが売れない理由

化粧品なぜ売れない

最近のトレンドはオールインワンゲルのように時短でお手入れできるタイプや肌にやさしい自然派化粧品、“効果が見える“高機能性など、成分や原料へのこだわりや安全性に特徴があるものが人気を呼んでいます。

せっかく注目度の高い成分を配合して時流に乗った人気コスメを企画して販売してみたけど、反響はさっぱりという方も多いのでは?実は「良い商品=売れる商品」ではないということ。

同じような効果効能をうたっている商品なのに、一方は売れているがもう一方は売れないということがよくあります。特に化粧品は“イメージ”に左右されやすいという傾向があります。
ネーミングやパッケージ、広告宣伝効果など、ちょっとした違いでその商品の価値が左右されてしまいがち。

また、その商品に魅力を感じるターゲット層と出会える販売チャンネルを選んでいない。販売チャンネルに合った訴求をしていないという場合もあります。
まずは商品コンセプトを明確にし、その内容に共感してくれるターゲット層は誰か?どんな場所でどのように化粧品を購入しているかをしっかりリサーチ。
そのターゲット層が適正と感じる価格帯や求めている使い心地、心に響く効果効能などをしっかり分析し、販売チャネルや売り方を組み立てていくのが大切です。

すでに販売しており、それなりに売れているという場合でも、以下のことを再確認してみましょう!

    <売れない理由をチェック>

  • ・他社との違い、自社の強みは何か?使うことでどんな価値を生むのか?
  • ・なぜその化粧品をつくったのか?誰のためのコスメか?
  • ・なぜそこで売るのか?(サロン・通販・おみやげショップなど)
  • ・容器やラベル、パッケージなどは商品コンセプトに合っているか?
  • ・広告や販促ツールでオリジナルコスメの魅力はわかりやすく伝わっているか?

化粧品OEMを活用するメリットとは?

OEMメリット

化粧品OEMの魅力は、なんといっても自社で製造工場を持たなくても化粧品が製造できること。化粧品の販売には許可は不要ですが、製造する場合には免許(ライセンス)・許可が必要です。

化粧品の製造販売業を取得している会社に業務委託(OEM生産)をお願いすれば、免許を取得する必要はありません。

素人では難しい薬事申請などの手続きをお任せすることもできるのもメリット。特に医薬部外品を開発したい場合は、プロにお任せできるので安心です。

比較的少ない資本でオリジナルコスメを開発・製造することができるので、低リスクで事業が始められます。もしヒットすれば化粧品はリピート率が高いので、安定した売り上げを見込めるのも魅力のひとつです。

化粧品市場には数多くのメーカーが存在し、次々と新規参入する会社も多い業界。その中でどうやって特色を出すのか?注目してもらえるのか?

数多くの化粧品メーカーとの取引実績がある化粧品OEMメーカーなら、最新のマーケット事情にも精通しています。自社ブランドを展開してヒット作を生んでいるところもたくさん!

各化粧品OEMメーカーそれぞれの特色をしっかり比較して、自分たちの目的や狙いにあったサービスを提供してくれそうなところを上手く活用しましょう。

化粧品OEMを活用するメリットまとめ

・自社で製造工場を持つ必要がない

・薬事法に配慮した表現、申請などをまとめてお任せできる

・小ロット対応のOEMメーカーも多く、低予算・低リスクで新規事業に参入できる

・少ないアイテムでスタートし、少しずつラインナップを増やせる

≫化粧品OEMのメリットをもっと詳しく

売れるコスメを生み出す!化粧品OEMメーカー選びで大事なポイントは?

化粧品のポイント

自分たちで売りたい・開発したいコスメのコンセプトや方向性が固まったら、そのイメージにあった化粧品OEMメーカーを探すのがポイントです。
例えば、ご当地コスメを開発したいなら、地域の特産品を活かした原料開発・コスメ企画が得意な会社とタッグを組むなどです。

自分たちでなかなかいいアイデアが思いつかない。ゼロから相談したいという場合なら、企画から相談にのってくれるところ、というように、ニーズに合わせた対応をしてくれる化粧品OEMメーカーもあります。

中には試作品は無料・100個からの小ロットOKというところもありますので、小さく始めてマーケットの反応をみながらの「トライ&エラー」を積み重ねて、よりよい商品に仕上げていくというのもあり!

<関連記事>

≫化粧品OEMの最小ロットと、かかる費用はどれくらい?

≫小ロット対応の化粧品OEMメーカー特集

担当者との相性の良さというのも大切なので、いくつか相談して見積りを取り、比較するのもおすすめです。

しかしながら、自分たちの要望にぴったりなOEM化粧品メーカーを見つけるのは意外と大変!全国のOEM化粧品メーカーが集まる「OEMプロ」なら、条件に合ったメーカー選びがワンストップで可能です。ぜひ、活用してみてください。

化粧品OEMでオリジナルコスメを成功させるコツまとめ

サロンに通ってくれているお客様向けに、オリジナルコスメを販売したらもう少し売り上げが伸びるのでは?ご当地素材を使ったコスメを開発して、お土産ショップで販売したら売れるのでは?

最初はちょっとしたアイデアやきっかけで化粧品を販売してみようと始める方も多いかもしれません。でもせっかく時間とお金をかけたのに、思うように売れなくて在庫を抱えて困っているという方も少なくないのでは?

化粧品をつくることが目的になってしまうと失敗しがち。また、販売スケジュールを焦るあまりに中途半端な開発になってしまうことも。

化粧品のパッケージや販促ツールなどで、経営者の意向やこだわりが強すぎて、現場の意見を聞いてもらえないという場合も失敗しやすい要因になります。

「誰のための化粧品なのか」「どんな方の悩みや要望に応えてくれる化粧品なのか」という視点を忘れてはいけません。

化粧品OEMメーカーはさまざまな事例を見てきており、成功に結び付くオリジナルコスメ開発のためのノウハウを蓄積しています。こういったプロならではの意見やアドバイスは大変貴重!

売れるオリジナルコスメを企画・開発・製造するにはその道のプロに頼むべし!化粧品OEMプロでぜひ、頼りになるパートナーを見つけてくださいね。